池端亮子(加山雄三の妹)の元夫マイケルルノー氏が若大将のゴーストライターだった!

加山雄三ゴーストライター

ビックニュースが入ってきました!

なんと加山雄三の妹・池端涼子の元夫が加山雄三のゴーストライターだった疑惑

舞い込んできました。

マイケル・ルノー氏やゴーストライターがどうかを調べてみました。

Sponsored Link





池端亮子さんの元夫「マイケル・ルノー氏」とは?

マイケル・ルノー氏は、カルフォルニア州在住のアメリカ人作詞家として活動しています。

池端亮子さんの元夫であります。

なんと。。。池端亮子さんは加山雄三さんの妹なのです。

昔は、アメリカ兵で厚木基地に配属されていました。かっこいい男だったそうです。

池端亮子さんとは1970年代に離婚しています。

なんで加山雄三さんのゴーストライター疑惑がでたのか?

img_68ab07fcce20c2653fc13a7056e8827957076

それは・・・かの有名な「週刊文春」の2016年9月29日発売の記事に、

「加山雄三にゴーストライターがいた!」との記事がでて、上記疑惑が浮上しました。

そこには、留守番電話の会話が、

僕の名前と君の名前では値打ちが違うからね。

(報酬が支払われたら)お金を送るように

努力するよ。それでいいかい?

だから君はこれまでと同じように僕のゴーストライターでいてくれないといけないんだ。

と録音されており、上記会話は全て英語で話されたようです。

これをみると、加山雄三さんのゴーストライターだったことを加山さん自身が認めています。

この話が明るみに出てきたのが、今年の5月に加山さんの楽曲を管理する出版社に、

ルノー氏からの通告書が送られて来たのが発端です。

内容が、

加山さんが60年代に発表した11曲などについて英語作詞を担当したルノーに

”当時の業界の標準に沿った”報酬を支払うように書かれていました。

 

Sponsored Link





疑惑の曲は?

曲は、「Dedicated(恋は紅いバラ)」

「ブーメラン・ベイビー」これは、山下達郎氏さんがカバーした曲、

「マイ・ジプシー・ダンス」など加山さんが初めの方の代表作11曲と、

2015年に「弾厚作」名義で発表した新曲「I Simple Say」の計12曲なのです。

Dedicated(恋は紅いバラ)

ブーメラン・ベイビー

マイ・ジプシー・ダンス

I Simple Say

まとめ

若大将・加山雄三さんにゴーストライターがいた記事がだされたときは衝撃を受けました。

そんな感じがしないので・・・。

やはり何があるかわからないのが芸能界なんだなと思いました。

ゴーストライターライターでなければいいが・・・。

Sponsored Link





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ