日清紙袋「お湯入れとる紙袋」が面白い!学校などでウケる事間違いなし!

日清紙袋

カップヌードルの日清からユニークで面白いものが販売されました。

なんと、それは・・・紙袋です。

「えーそんなの普通じゃない?」

「どこでも売っているよ!」

なーんて声が上がっていると思います。

しかし、これを見たら、みんな面白い!学校へ持っていこうかな。

と思うのではないでしょうか?

そんな、日清からでた紙袋を説明していきたいと思います。

Sponsored Link





なんで日清が『お湯入れとる紙袋』を作ったの?

Facebookでネタとして投稿したら、商品化を希望する声がでて、8000件以上の「いいね!」が

つき、社内でも「実際に売ったら面白いじゃない」という話がでたようです。

気軽に買ってもらえるようにすることで、売ることの後押しになったと話しています。

袋は、プラスチックコーティングをしており、強度と見栄えを高めているそうです。

Sponsored Link





日清の紙袋『お湯入れとる紙袋』ってどんなの?

カップヌードルにやかんでお湯を注いでいるところをデザインした紙袋です。

みなさんが気になる『お湯を入れとる紙袋』はどんなの!

早く見たい!って思っていますよね。

わかりました、いまから画像をお見せします。

お湯を入れているので・・・

日清紙袋

これだけでも、面白いですよね?

こんなのが、学校や会社であるだけて話題として使えます

また、こちらをすることで、注目度がより一層アップします。

それがこちらです。

日清紙袋道端

これが、横断歩道で歩いている人がいたら、注目してしまいます。

ガン見状態です。

これは、周りのひとからの注目度アップします。

熱い視線がくるでしょう!

日清紙袋道端達

こちらは、サークルなど大勢で持ち歩いていたらユニークですね。

これは、大学生が学祭でやるのではないかと思います。

『お湯入れとる紙袋』は何処で売ってるの?

日清食品グループオンラインストア又は横浜カップヌードルミュージアムで売っています。

価格は税込300円です。

安い!

これで、儲けは考えていないそうです。

話題になって、カップヌードルを身近に感じてもらい、ブランドの認知度が高めたいのが本音のようです。

日清食品グループオンラインストアのリンクを貼りますので、購入したい人はこちらからどうぞ

こちらをクリック

まとめ

『お湯入れとる紙袋』は、実際に持って歩いている人はまだ見ませんが、

早く歩いている人を見たいです。

絶対ウケること間違いなし!

それで、カップヌードルを食べてたらなおよし!

これからの季節にもってこいですね。

Sponsored Link





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ