松本人志と格闘家角田は共演NG!8年前のドタキャンが原因で現在は?

ダウンタウンの松本人志と格闘家でKー1競技統括プロデューサーの角田信朗が

共演NGだったことがわかりました。

原因は8年前の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』

の番組のオファーを断ったことが始まりだそうです。

その前までは共に番組で共演していた人なので、今日このことを聞いてビックリしました。

この共演NGになった経緯を解説していきます。

Sponsored Link





松本人志と格闘家角田信朗との共演NG報道の始まりは?

角田信朗

格闘家角田信朗氏のブログから始まりました。

2017年1月16日 9:07:18

「ダウンタウン松ちゃんに伝えたいこと」との題名で始まりました。

今回の内容を理解するには、角田氏のブロクの内容を把握しないとわからないので、

引用させて頂きます。

今やお笑い界を席巻する大御所となった
ダウンタウンキラキラ
かつてボクは
≪ダウンタウンDX≫にもしょっちゅう呼んでもらってましたニコニコ
浜ちゃんとは
フジテレビ
≪ジャンクSPORTS≫でいつも共演させていただいてましたし
松ちゃんは
色んな番組で
ボクがそこにいなくても
角田信朗か!?

いつもボクの名前を引っ張り出してくれていましたニコニコ
そんなダウンタウンの大ファンでしたニコニコ
ところが
ある事件をきっかけに
ボクは
ダウンタウンの番組に
全く呼ばれなくなってしまったのですショック!
これは
ボクが初めてこうした公の場で告白するお話ですニコニコ
こちらにだけ都合の良い話にならないように
記憶の許す限り
正確にお話したいと思いますニコニコ
あるダウンタウンの超人気番組の制作から
出演依頼がありましたニコニコ
番組で
≪芸人対抗・叩いて被ってジャンケンポン選手権≫を開催するにあたり
松本さんから
角田さんに真剣にレフェリーをやってもらわれへんやろか!?
という話が出たんですが
如何なものでしょうか?
ニコニコ
大好きだったこの番組に
大好きな松ちゃんから直々に指名があったというので
ボクは小躍りして喜んだものの
直ぐに我に帰って考えましたショック!
当時K-1は
ジャッジやレフェリングに様々な問題提起が為され
物議を醸していた時期でしたショック!
ミスジャッジの存在や
それこそ
武田幸三引退試合の
ボクのレフェリング然りショック!
世界に広がる競技を統括する最高責任者のボクが
果たしてそんな状況下で
バラエティー番組に出て
≪叩いて被ってジャンケンポン≫のレフェリーを務める事が
格闘技ファンから許容されるだろうか…
そんなジレンマがありましたショック!
K-1のイベントサイドにも
このオファーを報告し
意見を仰ぎましたが
答えは
≪こういう時期なので自粛してほしい≫
というものでしたショック!
ボクは事務所を通して泣く泣く丁重に
この経緯を説明し
レフェリーが無理でも
解説として実況席に座る
とか
何か別の形で松ちゃんからのお申し出に応える事は出来ませんか?
と回答したのですが
結局
ボクの出演は無くなりましたショック!
どれだけ後味が悪かった事でしょう…ショック!
直接テレビ局に赴いて
松ちゃんを捜してこの経緯をちゃんと説明しようか!?
とも考えましたが
そんな直談判を強行する前に、と
ボクは
唯一直接の連絡先を知っていた
ダウンタウンの側近的なあるベテラン芸人さんに
事の経緯をブレる事なく伝えましたショック!
彼からの答えはこうでしたニコニコ
それ、ホンマに松本さんがそう言いはったんですかねぇ…?
誰かスタッフが勝手にそういう言い方してオファーしてきたんと違いますか!?
松本さんはそんなことで気分害するような人と違いますよニコニコ
また会うたら僕からも言うときますわキラキラ
側近的な存在の彼に相談し
そんな回答を得て
ボクはホッと胸を撫で下ろしたのでしたニコニコ
それから1年ほど経って
思い出した様に
≪ダウンタウンDX≫から久しぶりに出演依頼がありましたニコニコ
ボクは
久々のダウンタウンとの共演に大喜びすると共に
あの時に
松ちゃんからのお申し出に応える事が出来なかった御詫びを
やっと直接出来るチャンスが来た!!
また小躍りしましたニコニコ
スタッフと
幾つかのテーマネタも打ち合わせが完了し
当日の大物ゲスト
和田アキ子さんとボクの
ちょっと素敵なエピソードも採用されて
可愛がってくださるアコさんともお会い出来るニコニコというので
ボクは収録当日を心待ちにしていましたニコニコ
ところがその収録当日に
事件は起こったのですショック!
自宅へボクを迎えに来たマネージャーの村司君(今のジャイロスコープの社長です)が
涙目になりながら
今日の収録がバラし(中止)になりました…しょぼん
と言うのですショック!
な、な、何で!?
何があった!?
浜ちゃんか松ちゃんの体調不良か!?
と問うボクに
村司マネージャーから帰ってきた答えは
松本さんが台本を見て
角田の名前を見つけた途端に
収録は中止や!!
ということになった…
というものでしたショック!
要するに
あの時、ボクがオファーを断ったことに
未だご立腹だ、というのですショック!
ボクの中では当然
もうとっくに丸く治まったことだと思っていただけに
まさに青天の霹靂でしたショック!
ボクは
とにかく収録のスタジオへ行って松ちゃんに直接説明させてくれ
と申し出ましたが
制作からは
遠慮していただきたい
との返答ショック!
やるせない想いで
振り上げた拳の落とし処が見つからないボクは
ハッと思い出し
あの
側近ベテラン芸人に電話を入れ
そこで起こった事を報告したのですが
彼の答えは
それ、ホンマに松本さんがそう言いはったんですかねぇ…?
間に入った誰かが話し違えてこじれてるだけちがいますか!?
松本さんはそんなことで気分害するような人と違いますよ!?
シラー
あの時と全く同じ答えが返ってきたのですショック!
ボクの中で
本件は落着し
ようやく≪手打ち≫のチャンスを頂いた
と言う嬉しい思いから一転
スケジュールを押さえて準備して
その当日に
そんなことが理由で出演を拒否されるとは
こちらも
芸能界でのポジションはさておき
格闘技の世界を第一線で引っ張る人間として
全うな理由を
筋道通して伝えたにも関わらず
それはこちらにもプライドがある!!

≪可愛さ余って憎さ百倍≫的な思いがこみ上げてきて
やるせない想いは
当時のブログ
≪傾奇者日記≫に
もちろん
ダウンタウンの名前も
番組名も
ましてや芸能の世界での出来事であることも伏せた上で
飲み会ならば
気に食わないヤツと一緒に飲む必要はないだろうが
プロの仕事師ならば
例えそれが嫌いなヤツでも
割り切って仕事するべきではないのか…?
という様な事を書きなぐったと思いますショック!
突然収録がバラしになって(実際にはボク抜きで急遽代打が入って収録されたそうです)
困惑した和田アキ子さんから
あんた一体何があったん!?
と電話が入りましたショック!
事の経緯を一部始終話しましたら
あんたの話し聞いただけやから何とも言えんけど
その通りやとしたら残念な話しやなぁショック!
芸能界でこれだけ好きなようにやらせてもらってるウチ(アコさん)でも
共演NGっちゅうのは無いで!?
まぁ気にせんと
今度ご飯行こ!!
と慰められましたが
ボクのやるせない想いは収まりませんショック!
あれからもう何年たったのでしょう…
かれこれ10年は経過しているのではないでしょうかショック!
ボクは未だに
何故こんなふうにこじれてしまったのかを
推理していますシラー
でも
ただの一度も
相談に乗ってくれたあの芸人さんの名前を楯に出した事はありませんシラー
松本さんはそんなことで気分害するような人と違いますよ!?
という答えをボクにくれた彼の名前を出すことで
松ちゃんと彼の関係に亀裂が入る可能性もあるからですショック!
実際彼はその直後に
携帯の番号を変えてしまったので
恐らく
それ以上の関与は面倒だと考えたと推理していますショック!
ボクはこの事件
恐らくこうであろうと推理しますシラー
松ちゃんの提案に
ボクの出演を安請け負いして名乗り出た担当者が
まさかのNGの回答に
松ちゃんに対する自分の体面を保つ理由を作るには
他人(角田)を悪者にするしかなかったのではないか?
真相は霧の中ですシラー
ボクは今でもダウンタウンが大好きで
番組は欠かさず観て
笑うたびに一抹の寂しさも痛感していますショック!
あの時強引にでも
松ちゃんの控え室に乗り込んでいって
直接経緯を説明すれば
絶対にこんなふうにはなっていなかったろう
という想いは強いですショック!
今や筋トレで
屈強な身体に変身した松ちゃんと
Heavy Duty Trainingを一緒にやるのが
ボクの願いなんですけどねニコニコ
このブログに書くことで
この真実が
回り回って
松ちゃんのもとに届くことを祈っていますニコニコ

引用:ウエルエイジング日記

 

Sponsored Link





松本人志がワイドナショー で角田氏ドタキャンについて語る!

ワイドナショー松本人志

フジテレビのワイドナショーで松本氏は、

「全然話しますよ。カビの生えたような8年前の話します?」って言って始まりました。

「8年前にレフリーをお願いしたんですよ」

「『叩いてかぶってジャンケンポン』を壮大なスケールでガキの使いで2週か3週にわたってやろうかなって。」

「芸人さんをたくさん呼んでチャンピオンを決めるみたいな。」

「それでレフリーのオファーを角田さんにお願いしたんですよ。」

「角田さん側はOKだったんで、レフリーの衣装まで全部決めていたんですよ打ち合わせで」

「ところが、ガキの使いは水曜日収録なんですが、2日前の月曜にドタキャンされたんですよ」

「これ、角田さんご本人はわかってなかったのかなぁ。」

「事務所の人に任せていたのかぁ。」

「月曜にスタッフが慌てて来て、角田さんがムリになったって言ってきて」

「スタッフと代理を誰で立てようっていろいろやったですが、結局時間がなさ過ぎて、水曜日には間に合わないってなって、結局、収録がとんだんですよ」

「いろんな芸人さんのスケジュールを押さえていたのをごめんなさい、ナシとなったんです」

「これは正直、大問題というか」

「ぼくが怒っているとうそうことではなく、番組とか吉本とか、もっと言えば日本テレビとの問題」

「共演NGとはそんなちっちゃい話ではない」

その1年後にダウンタウンDXで角田氏をオファーするも、当日出演NGとなったことにも言及し、

「それは何かの手違いでオファーしちゃったですが、それは吉本としても番組としてもやっぱりムリだと」

「やっぱりこの世界のしきたりをいいますか」

「その人と数ヶ月後に笑いながら仕事していたら、他の人からしたら”何やねん”という話になってきますから」

「やっぱりムリでしょって話になってくるんです」

「ぼく、どうこうじゃないって言っときたい事とドタキャンだという事と、8年経ってブログでっていうのは」

「ルール違反じゃないかなって、ルールはだれよりも知っていると思うので・・・」

「これを見てブログで・・・っていうのはそれはちょっと・・・」

「これからは会社を通してやってほしいかな」

てな感じで話は終わりました。

角田氏と松本氏の内容を精査

双方に食い違いが起きている為、なんとも言えません

どっちかが事実を歪曲しているとしか言いようがありません

双方の言い分を仮定して考えて見ましょう。

①角田氏の内容が正しいと仮定した場合

角田氏の対応は、ちゃんとした対応をとっています

角田氏はK-1でのポジションを考慮し、当時の状況と照らし合わせると妥当な対応です。

2日前のキャンセルなんで、芸能界では不祥事などで急な対応はあるでしょう。

1〜2日間の猶予があれば、レフリーも代役も見つけられるはずです。

他の芸人のスケージュールをキャンセルのが大問題なら、現にレフリーをしている人じゃなくてもいいと思います

叩いてかぶってジャンケンポンの企画なら、芸人がレフリーしたほうが、逆に面白いのではないでしょうか?

しかし、ベテラン芸人の関与が引っかかります

相談した芸人さんはだれだったのでしょう。

②松本氏の内容が正しいと仮定した場合

角田氏は一度OKだしているので、2日前のキャンセルに関しては誠実な対応が必要だったと思います。

芸能界は上下関係が厳しいと思うので、

下のもののキャンセルは次回出演がないものととらえられるのではないでしょうか?

それ以外の対応に関しては、変化はないと思います。

合わせて精査してみると・・・

どっちかと考えると松本氏が拒否反応を起こしたのではないでしょうか?

角田氏と松本氏の内容をあわせて考えると、松本氏が拒否反応を起こしたのであれば、

すんなり話が合います。松本氏は芸能界での力があるようなので・・・。十分に考えられます。

あとは、番組スタッフがNGになった線も考えられます

しかし、番組スタッフは雇われですから、その人との仕事が嫌でもやらなければならないので普通です。

どっちにしても松本氏サイドに何かあるのではないでしょうか?

まとめ

この確執前は両者とも多くの番組で出演していた角田氏と松本氏。

ドタキャン確執は、終わる気配がなさそうです。

何があったのか知っているのは、松本氏サイドではないでしょうか?

また、両者が仲良く共演する姿を見たいものです。

Sponsored Link





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ